レンタルサーバーにgitをインストールして使うときに知っておきたいこと

レンタルサーバーを利用するときにはgitをインストールして使うケースが増えてきました。gitをこれから初めて利用したいと思っているときには、gitは何なのかを詳しく知りたいでしょう。この記事ではgitをレンタルサーバーで使用するときに知っておくと役に立つ基本事項をまとめました。

レンタルサーバーの選び方も紹介するので参考にしてください。

gitとはそもそも何か

gitとはウェブサイトやプログラムのソースコードを管理するためのシステムです。gitを利用することでテキストデータについて変更履歴を分散が管理することができます。データが編集されたときに、編集した内容だけでなく誰が実行したか、いつおこなわれたかなどといった詳細な履歴が残ります。

古いデータも保存されているため、何かトラブルがあったときには遡って編集し直すことが可能です。変更履歴を辿ることによってトラブルが発生した原因を究明することもできます。コーディングやプログラミングをする際にはバグ探しにも有効な手段です。

複数のコーダーやプログラマーで開発プロジェクトを進めるときにもデータ共有をしやすいことからgitがよく用いられています。gitは応用範囲が広いのも注目されている理由です。gitはGitHubやBitbukcket、tracpathなどのホスティングサービスが登場したことで急速に普及しました。

プライベートリポジトリとして利用できるようになり、エンジニアとしての知識があまりなくても気軽に使えるようになっています。そのため、ライターやブロガーなどのテキストを取り扱う仕事でも活用されるようになっているシステムです。

レンタルサーバーでよく使うFTPとgitの違い

gitはレンタルサーバーにデータをアップロードするシステムとして活用できます。レンタルサーバーにデータをアップロードする方法としてFTPがよく用いられていますが、gitとは何が違うのでしょうか。大きな違いはパソコンから直接データをレンタルサーバーにアップロードするか、別のサーバーを経由するかです。

FTPはデータ転送システムなので、パソコンに入っているデータを直接レンタルサーバーにアップロードします。それに対してgitではGitHubなどのホスティングサービスのサーバーにパソコンからデータをアップロードした後、レンタルサーバーにダウンロードするという流れになります。

ホスティングサービスを使用せずに自前で別のレンタルサーバーを用意してgitとして活用することも可能です。gitをレンタルサーバーにインストールすると手間がかかるという印象を受ける人もいます。しかし、gitにはメリットがあるのでFTPからgitに切り替えているケースがよくあります。

gitをインストールするメリット

レンタルサーバーでgitをインストールするとホストにしているサーバー上にデータのコピーが自動で生成されて履歴が残るのがメリットです。gitに対応しているツールをインストールすれば、変更したファイルを一覧表示したり、変更した部分を検索したりすることもできます。

コーディングをしていると以前におこなった作業の順番を忘れてしまうのが普通で、すべて記憶しながら作業を進めるのは実質的に不可能でしょう。人の力では難しい部分をgitによって補ってもらうことで作業効率を上げられます。

バックアップをgitのホストサーバー上に残す形になるので、パソコン側にバックアップのためのストレージを用意する必要もありません。gitではデータの転送速度も速いのが魅力です。gitではデータ容量が基本的に少ないテキストベースのデータを転送するだけだからです。

gitでは標準的な使い方では画像や動画などのデータは管理できません。テキストに特化することで速度を向上させ、大量のデータをバックアップしながら作業できる環境を作り上げています。プログラミングでコードをバックアップする目的であればgitで十分ですが、レンタルサーバーでウェブサイトを制作する場合にはFTPの代わりにgitを使えるというわけではないので注意しましょう。

画像データなどは基本的にFTPで直接アップロードする必要があります。

gitをインストールするときのレンタルサーバーの選び方

gitをインストールして運用したい場合にはレンタルサーバーの選び方が重要です。大前提としてgitはSSH機能が搭載されているレンタルサーバーでしか使えないので注意しましょう。

gitはコマンドラインで実行する仕組みになっているからです。ホスティングサービスを利用する場合でも、レンタルサーバーをリモートリポジトリとして利用する場合にも必要な条件です。国内のレンタルサーバーでもSSH機能が標準になっているところがあります。

レンタルサーバーには共用サーバーとVPSの二種類があります。共用サーバーはgit環境を構築しやすく、利用料金も低いのが魅力です。gitのインストール方法もよく知られているので簡単にできるのもメリットでしょう。

VPSの場合には共用サーバーとは異なり、サーバーのCPUなどの割り当てが決まっているのが特徴です。動作が安定していて高速の処理もしやすいのが魅力です。利用者が多い場合や高度な処理を必要とする場合にはVPSが適しています。

ただ、利用料金は共用サーバーに比べると高く、サーバーの取り扱いには高度なスキルが求められるので注意しましょう。レンタルサーバーの利用目的とスキルに合わせて選ぶのがおすすめです。

gitのインストールにおすすめのレンタルサーバー

SSH機能があってgitをインストールできるレンタルサーバーはだんだんと増えてきています。共用サーバーとしておすすめなのはエックスサーバー、さくらのレンタルサーバー、ConoHa Wingです。共用サーバーを選ぶときには利用料金を気にしている人が多いでしょう。

この3社は、月額料金が安くて安定性や機能も優れていることで有名です。VPSサーバーの場合には、さくらのVPSとConoHa VPSがおすすめです。どちらも料金が比較的安く、処理速度も速くて、安定したサーバーの運営をしています。

ユーザーインターフェースもわかりやすいので、これからレンタルサーバーを運用する段階のときには使いやすいVPSです。

gitをインストールするならレンタルサーバー選びは慎重に

レンタルサーバーでgitをインストールすると、コーディングやプログラミングの際にデータの編集履歴を残すことができるのがメリットです。レンタルサーバーをウェブサイトの構築に使う場合には画像データなどをFTPでアップロードする必要はありますが、gitを使えば開発が容易になります。

gitはSSH機能があるレンタルサーバーでしか使えない点に注意して、利用目的に合うレンタルサーバーを選びましょう。